SEOの前に!キーワードプランナーで検索ボリュームを知る

ブログを始めるにあたり、「SEOが重要!」とはあちこちで言われていることです。
そして私も、「WordpressでSEO対策!」みたいなブログをいろいろ読みました。

しかし、「そもそもの”順番”が違うのでは??」と感じたことを書いてみようと思います。

SEOとは、Search Engine Optimization、つまり「検索エンジン対策最適化」です。
つまり、あるキーワードが検索されたときに、”自分のサイトを上位表示されやすくするために行われるもの”です。

つまり、あくまで「あるキーワードが検索されたとき」に効果を発揮するのがSEOです。言い換えれば、仮にSEOが100点満点でも、そのサイト内にちりばめられているキーワードの検索数がゼロであれば、そのSEOは意味無いわけですね・・。

従って、SEOに注力する前に、どんなキーワードが検索されやすいのかを知ることは重要と思います。

検索キーワード分析
Googleキーワードプランナーを使ってみる
だサめんブログが重視すべきキーワードは??
まとめ

 

Googleキーワードプランナーを使ってみる

検索ボリュームを調べるには、いろいろ方法はありますが、ここではGoogleさんが提供している「キーワードプランナー」を使ってみます。

まず、Googleアカウントを取得します。

次に、AdWordsでアカウント登録をします。

この辺の細かな手順は他のブログに譲ります。注意することは、「AdWords Express」ではなく、AdWordsでアカウント登録をすることぐらいです。AdWords Expressは、簡易版(?)なのでしょうか。キーワードプランナーはありません。

ところで、ブログで必要になるのは主にAdSenseの方ですので、「ん?AdWords??」と思われると思います。

Adsense

私のサイトに、誰かの広告を出してもらうサービス
誰かが広告費を支払い、広告がクリックされれば私に収益が入る

AdWords 私のサイトに、(リスティング広告等で)集客するためのサービス
広告費は私が支払い、広告がクリックされればGoogleに収益が入る

つまり、AdWords内でのキーワードプランナーの位置付けは、「どんなキーワードが広告出稿するに値するか」を調べるツールです。その機能の一つとして、検索ボリュームを調べる機能があるわけで、それをブログ記事執筆の参考にするわけです。

AdWordsの管理画面までたどり着ければ、あとはキーワードプランナーを起動するだけです。

キーワードプランナー、ややとっつきにくいですが、慣れれば簡単です。
まずは以下①②の2か所のみで大丈夫です。

結果はすぐに出ます。


この例では「転職」というキーワードについて調べましたが、その月間検索ボリュームと、関連キーワードを出してくれました。
「転職」の場合、月間検索ボリューム=10万~100万って・・、すごくざっくりですが・・w
まあ、「多い!」という意味ということで・・。

また、重要なのは下段の「関連キーワード」です。「転職」という言葉を軸としながらも、どのような関連キーワードを用いると拡がりがあるのかを知ることができます。

だサめんブログが重視すべきキーワードは??

では、このブログが重視すべきキーワードは何なのでしょうか。
つまり、検索ボリュームが多く、かつ今後私が書きたいテーマと合致するワードは何なのか、分析事例として見ていきたいと思います。

キーワードプランナーで、関連しそうな各ワードの検索ボリュームを調べてみました。

10万オーバーの「転職・wordpress、確定申告」は、まさに一般ワードですね。誰でも調べるキーワードなのでしょう。

次の「アラフォー・ブロガー・キーワードプランナー・起業・adsense」は、誰でもではないがある程度のボリュームがあるセグメントと言えそうです。

最後の「アーリーリタイア・脱サラ・早期退職・就農・ビジネス書」は、ニッチなセグメント。年齢層や職業で限定されたセグメントです。

正直、これをやるまでは「みんなが書いているようなブログではなく、自分の特色を活かした、ニッチなブログを・・」と思っていました。内容を狭めれば、当然読者層も狭くなるわけで、数字としてそれを認識できたことは一歩前進と思います。

もちろん、検索ボリュームが多いということは当然、それに関心がある人数も多い一方、競合するブログやサイトの数も多いわけです。ビッグキーワードで3ページ目に表示されるより、ニッチキーワードで1ページ目に表示された方が良いのかもしれませんし。

なお、ここで出てくる「月間検索ボリューム」という数字の考え方を、以下に書いておきます。※私自身、現時点で未検証です。あくまで理論的な考え方です。

「ブログで広告収入を得たいなら、まずは月間10万PVを目指せ」とか、よく言われます。また有名ブログでは月間30万PVとかが謳われます。今回、自分のブログで頻出するであろうキーワードの検索ボリュームを調べてみて、最初は正直「げっ!それしかないの?これではとても月間10万PVなんて行かないよ」と思いました・・w

しかし、冷静によく考えてみると、以下の通りです。たぶん。

①まず、GoogleキーワードプランナーはあくまでGoogleなので、日本全国の検索ボリュームではありません。Google以外にもYahoo経由の検索が同数程度あると考えられます。
②また、単一キーワードで訪問されているサイトはありません。必ず複数の色々なキーワードで訪問されるはずです。
③最後にサイト訪問方法ですが、すべての訪問者が「検索エンジン経由」とは限りません。前回訪問時にブックマークしてくれたリピーターもいるかもしれませんし、他サイトからのリンク経由かもしれません。

そうやって考えると、まず①はYahoo分を考慮するために、キーワードプランナーの数字を単純に「2倍」にして考えます。
次に②は、複数のキーワードで訪問されることを想定します。「キーワード●●は1ページ目に表示されているから月間xx回ぐらい、キーワード▲▲は2ページ目表示だから月間zz回ぐらい」となると思います。
③は、個人ブログの場合は検索エンジン経由が中心になると思いますが、それでも8割ぐらいが検索エンジン経由で、残り2割は他の方法で訪問されるのではないかな、と思っています。

・・・というデータは「Google Analytics」で分析できますので、いつか分析事例をご紹介したいと思います。(正直に言うと、いまはアクセス数が少ないので、事例として成り立たないのですw)

まとめ

最後に、「SEOの前に!」やるべきことのまとめ・振り返りと、関連する便利なツールを紹介します。

  1. まず、自分がブログで書きたいこと・書けることを考え、まとめます
  2. そしてそれを書いた場合、どの程度のマーケットサイズ(=検索ボリューム)があるのかを「キーワードプランナー」で調べ、また関連ワードをチェックし、検索ボリュームが多いキーワードを使用するよう微調整します
  3. 検索ボリューム調査の参考として、無料のツール「aramakijake.jp」や「Googleトレンド」を使ってみます。前者はGoogleとYahooを一度に、また表示順1位~10位でのアクセス数予測を出してくれます。後者は文字通りトレンドを出してくれます。季節変動があるキーワードの場合や、数年前に比べて伸びているキーワードの検索傾向を掴むことができます
  4. 「このサイト、参考になるな」「内容が似ているな」と思うサイトがある場合、そのサイトを調査します。「SimilarWeb」という無料ツールが便利です。「この内容で、月間●万PV(※正確にはvisits=訪問回数)かぁー。これならなんとかなるなぁ」等、参考になります
  5. その上で、ひたすら記事を書く!
  6. ひたすら記事を書いた成果としてアクセス数が増えてきたら、Google Analyticsで分析し、さらに改善する

こんな流れでしょうか。
私自身はいまのところ上記の「5」の段階。早く「6」に行きたい・・。